給湯器の水漏れが起きる原因とは?

給湯器が水漏れしてしまうのはよくあることですが、その原因は1つではありません。それぞれのケースで異なる原因によって水漏れが起きてしまっているのです。どうして水漏れが起きるのか理解していると、対処しやすくなります。

■配管の凍結

給湯器が冬場に水漏れしてしまうのはよくあることですが、これは配管の凍結によります。寒い地域では寒冷地用の給湯器が使われているため、暖かい地域の方が実は配管の凍結が起きやすいです。関東でも冬場に氷点下になってしまうことがあり、そうなると配管内の水が凍結します。水が氷になれば膨張し配管を破裂させそれが水漏れを引き起こすのです。配管が破裂してしまうと、それを交換しなければ水漏れはいつまでも直りません。

■部品の劣化

ガス給湯器の配管を接続する部分にはパッキンが使われているのですが、これには寿命があります。だいたい10年ほど使っているとゴムが硬化してしまい、弾力性がなくなってしまうのです。そうなるとパッキンがきちんと機能を発揮しなくなってしまい、水漏れしてしまいます。パッキンは同じ時期に設置されたことが多いため、同時期にあちこちのパッキンが水漏れしてしまうことがよくあります。水回りのパッキンも含めて定期的にメンテナンスするべきです。

■まとめ
給湯器 水漏れは部品の劣化や冬場の凍結などによって引き起こされます。ほかにも、長期間使っていなかったり、取り付け工事のミスもあります。詳しい原因については、専門家にチェックしてもらえばはっきり分かります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ