給湯器の水漏れへの対応方法

万が一、給湯器の水漏れを発見したら、どのような対応を取ればいいのでしょうか。事前に適切な対処法を知っていれば、もしものときにもすぐに適切な行動を取れます。

■給湯器を止める

もし水が漏れているならば、今すぐ給湯器を止めるべきです。給湯器の水漏れをそのまま放置してしまうと危険であり、さらにトラブルが大きくなってしまいます。ガス給湯器の止め方が分からないという人がいるかもしれません。パネル操作で簡単に止められるようになっているのですが、万が一のときのために説明書は手の届く場所に保管しておくと安心です。電源をオフにすれば、とりあえずトラブルが深刻になってしまうのを防げます。

■水漏れの発生箇所を見つける

水が漏れているといっても、具体的にどこから水滴が落ちているのかはケースバイケースです。そこで、水漏れがどこから発生しているのか正確に突き止めましょう。水抜き栓や給湯器本体、配管の接続部などから水漏れしていることが多いです。もし水抜き栓から水漏れしているならば、基本的に問題ありません。これは仕様であり、内部の圧力が溜まったときに水を抜くことで圧を下げる仕組みが働いているからです。それ以外の場所からの水漏れは、給湯器が故障している可能性があります。

■まとめ
もし給湯器から水漏れが起きたとしても慌てずにすぐに使用を止めましょう。そして、どこから水漏れが起きているのか確認します。最悪の場合は給湯器 交換をしなければいけないケースもありますので、自分で解決できない場合は業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ