給湯器の水漏れを放置してはいけない理由

給湯器の水漏れは、単に水のトラブルが起きたというだけではおさまらないかもしれません。たいしたことないから放置する人もいるでしょうが、それはとても危険なことであると覚えておきましょう。どうして給湯器の水漏れの放置が危険なのか、その理由を知っておくことで間違った対応をしなくて済むでしょう。

■階下に水が流れる

もし賃貸住宅で給湯器の水漏れが起きているならば、その水が階下に流れてしまう可能性があります。最初は少しずつ水滴が落ちる程度でも、最終的には給湯器の周りが水浸しになるケースもあるのです。そうなると階下にまで水が落ちてしまい、被害が拡大してしまいます。ほかの入居者に迷惑をかけるだけではなく、損害賠償を請求される可能性もあるかもしれません。賃貸住宅では水漏れが起きればすぐに管理会社に連絡するか、業者に直してもらうのがマナーといえるでしょう。

■一酸化炭素中毒に注意する

水漏れがガス給湯器の内部で発生している場合には、ガスが不完全燃焼している可能性があります。もちろん、ガス給湯器には安全装置があり、危険な状態になるとすぐに停止するようになっています。しかし、水漏れが起きていると給湯器が故障し安全装置が作動しないかもしれません。その結果、不完全燃焼によって生じた一酸化炭素が周りに広がっていくことがあります。気がついたときにはすでに一酸化炭素をかなり吸い込んでいて重症になるケースもあるので注意が必要です。

■まとめ
たかが水漏れだと甘く見ていると、周りに迷惑をかけてしまうことや健康への被害が生じてしまう可能性があります。給湯器からの水漏れを見つけたならば、素早く対処することをおすすめします。被害を最小限に食い止めることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ